カテゴリーアーカイブ AI

AI

未来技術で文化を守る!〜岩手県の事例〜

みなさん、こんにちは。鈴木彩です。
近年、日本の伝統文化に最新技術が導入されつつあります。
日本には全国各地に独自の文化があり、海外の多くの旅行者からも高く評価されています。
しかしその一方で、後継者がおらず10年も経たないうちに途絶えてしまう恐れのある伝統文化も多くあります。
続きを読む

AI

文系AIエンジニアが作る自然言語処理プログラム〜単語予測編〜

こんにちは。TabiOです。
私は文系出身で、プログラムを全く書かないSEを経て、1年ほど前からゼロからAIのdeep learningや機械学習という分野を勉強しています。
数学は高2からやってないので、数式やプログラムを見るだけでスリープモードに入るのですが、今回は初心者なりに頑張ってプログラムを作ってみました。
続きを読む

AI

今だからこそ知りたいビッグデータ×AI(第1回)

こんにちは。Cygnusです。

気分も新たに迎えるこの新年度の季節、仕事や役職が変化したり、新たに勉強しようと行動をする方も多いのではないでしょうか。
メディアや映画、本屋などで見ない日はないほど世間に浸透している「ビッグデータ」と「AI」という分野について、「言葉は知っている」、「明るい未来/仕事が奪われる不安のようにイメージが先行している」、「専門家として扱っている」、様々な方がいらっしゃると思います。これから知るという人も、もう知っている人も、今だからこそ改めて全体感を押さえていけるように、複数回に渡り連載していきます。

続きを読む

AI

医療にも、頼れる相棒Watson君

こんにちは、鈴木彩です。

突然ですが、厚生労働省が発表している以下の日本の3大死因をご存知ですか?

1位 悪性新生物
2位 心疾患
3位 肺炎

生命保険のCMで流れていることもあるので知ってる方も多いがもしれませんね。
1位は悪性新生物という名前より、「がん」と言ったほうがわかる方もいるかも知れません。
今回は、がんの診断と治療にもAIが活用されている事例の紹介です。

続きを読む

AI

Stop nosy water~止まない鼻水はない~

こんにちは。山本睦月です。

私事ですが、最近重い病にかかってしまいまして執筆活動が危ぶまれております。
まさか自分が発症するとはつゆほども思っておらず、3月になり突然の出来事でした。
今回は、私が今後付き合っていくであろう深刻な病「花粉症」について書いていきます。

続きを読む

AI

人とロボットが協力し合う未来に向けて、温かい関係を創る技術(後編)

こんにちは。Cygnusです。

全2回に渡り、人とロボットが対話し理解し合うために重要となる言語情報以外の技術を紹介しています。前回は、画像情報や音声情報(以下、「マルチモーダル情報」と呼びます)を活用して状況を読みながら、スムーズに対話を開始して進めていく技術を紹介しました。(前回記事
その後編となる今回は、ロボットが人の意図を汲み取るための技術について紹介し、お互いが得意な分野を分担し協力することで築いていく未来の展望をお伝えします。
続きを読む

AI

人とロボットが協力し合う未来に向けて、温かい関係を創る技術(前編)

こんにちは。Cygnusです。

先の記事では、人と機械のインターフェースとしての「対話」技術について、自然言語処理のアプローチを中心に紹介しました。(参考記事
その記事の結びでも記載しましたが、人がコミュニケーションするとき、言語情報以外の表情・目線やジェスチャー、声のトーンや早さが重要で、それによりお互いの感情や意図を汲み取っています。

人とロボットというと、主従関係や人の仕事を奪うなどマイナスの側面がフォーカスされがちですが、お互いが得意な分野を分担し協力することで、今までとは違った未来が築いていけると期待されています。そこで今回から2回に渡り、人とロボットが理解し合うために重要となる言語情報以外の技術を紹介していきます。

続きを読む

AI

対話から始まる世の中の変革、その土台となる技術(後編)

こんにちは。Cygnusです。

全2回に渡り、意思疎通、意思伝達の手段として最も身近な「対話」に着目し、人と機械のインターフェースとして大きな可能性を秘めている「対話」を可能とする技術を紹介しています。(前回記事
その後編となる今回は、対話技術の国際会議で発表された研究を紹介しつつ、対話システムが切り開いていく未来の展望をお伝えしていきます。

続きを読む

AI

AIで「SDGsの目標」を「銀河鉄道の夜」風にしてみた

おはようございます。平野羽美です。
前回の記事では、AI(ディープラーニング)を使って宮沢賢治さんの著書「銀河鉄道の夜」のような文章の生成を試してみました。

結果はまだまだ課題が残る内容でしたが、同時に夢もある内容だったのではないでしょうか?

さて、今回は、前回の文章生成プログラムを活用して新しいことに挑戦してみます!
テーマは「AIで”SDGsの目標”を”銀河鉄道の夜”風にしてみた」です笑

続きを読む

AI

対話から始まる世の中の変革、その土台となる技術(前編)

こんにちは。Cygnusです。

前回は、人が自然に話すように言葉の流れを理解し、前に話された情報を覚えて話を進めるための技術を紹介しました。(前回記事:https://future-tech-association.org/2018/01/16/kotoba_kioku_tech/
少し大げさな(?)タイトルをつけた今回は、人と人の意思疎通、意思伝達の手段として最も身近な「対話」に着目し、人と機械のインターフェースとして大きな可能性を秘めている「対話」を可能とする技術を全2回に渡って紹介します。

続きを読む