協会概要



 

English

Our Vision

テクノロジーをベースとした社会課題解決型のスタートアップを生み出すエコシステムの構築

 

 

 

Activities

シンギュラリティ・ラボ

Visionを実現するための活動を行うコミュニティ、通称シンラボ。新規事業の開発や勉強会、オフィスでの交流(ラボ活)を展開

新規事業開発支援

社会課題を解決するプロダクトや新規事業の開発、ネットワーキング等の側面を支援

SDGs推進活動

独自に製作したボードゲームを用いた研修やワークショップ、ファシリテーター養成講座などを実施

受託開発

AI・RPA・ブロックチェーン等の最新テクノロジーの講師派遣や、Webサイト、スマホアプリ等の受託開発

 

Greeting

ご挨拶

私は、京都大学の理学部にいた頃から、周りには優秀な人材が多数いるのに、なぜ日本ではイノベーションが起こらないだろうと感じておりました。大学院時代にスタンフォード大学で研究する機会があり、卒業後は大手メーカーの研究所に勤務し、高いスキルを持つ方々と過ごす中で、ますますその想いは強くなりました。なんとか日本のエンジニア発進で社会的インパクトを起こせないか試行錯誤し、同僚や他社の技術者と勉強会を開き、議論していました。
未来技術推進協会は、そんな私の想いに共感したエンジニアを中心としたメンバーで2017年に設立しました。当協会の主宰するコミュニティ「シンギュラリティ・ラボ」は、テクノロジーを用いて社会課題を解決することを目的とした団体です。今では、エンジニアのみならず、会社役員、NPO関連、弁護士、薬剤師など、様々な方がシンギュラリティ・ラボに参加くださっています。
今後、最新テクノロジーに興味を持つ方とともにさまざまな社会課題解決型プロジェクトを創出し、企業、研究者、投資家、起業家を巻き込んで日本の社会課題解決に貢献します。

代表理事 草場壽一

協会体制図

協会概要

 

商号 一般社団法人 未来技術推進協会
代表理事 草場壽一
所在地 東京都千代田区神田練塀町3 富士ソフト秋葉原ビル12F
DMM.make AKIBA Base2610
活動内容 コミュニティ運営
新規事業開発支援
SDG推進活動
最新技術に関するイベント
設立 2017年8月3日
社員数 2名