アドバイザー・協賛企業

協会アドバイザー

 

五十嵐 弘司 様

味の素株式会社 顧問(元取締役専務執行役員)
公益社団法人企業情報化協会代表理事 副会長

 

 

 

1980年味の素(株)入社。バイオ精製工程のプロセス開発に従事。
1998年アメリカ味の素(株)アイオワ工場長、技術開発センター長を経て上席副社長。
2009年執行役員経営企画部長。その後取締役常務執行役員、取締役専務執行役員に就任。
中期経営計画の策定、M&A実務実行等、味の素(株)の経営の中枢を担う。
また技術統括・情報統括として、イノベーションの実現、グローバル展開、ICTの活用とデジタル化を推進した。現在、味の素㈱顧問として外部機関を中心に活動中。「技術者がつくるこれからの会社」(2018情報工場)、「グローバルを勝ち抜く経営を目指して ~競争優位を実現する成長戦略と経営基盤~」(2018 Oracleセミナー)、「非連続成長を実現するためのイノベーション」(2016ファーストウエンズデー)、ほか、企業経営にかかわる多数の講演実績がある。

応援メッセージ

今まさしく技術革新が起き時代がかわるとき、その風を感じて集まったイノベーションの実現を志す若者の集まりである「未来技術推進会議」は、日本の革新と社会進化に大きな力となるのではないかと感じます。業界や組織の壁を越えて志をともにする皆さんを応援してまいります。

 

 

天野 太郎 様

株式会社オフィスバスターズ 代表取締役会長

 

 

 

名古屋大学経済学部卒。総合商社丸紅にて事務機器販売を担当し、2002年6月株式会社アトライを創業。アトライにて中古事務機の輸出事業を営む一方、株式会社オフィスバスターズを設立し代表取締役に就任。2018年1月代表取締役会長に就任。
オフィス製品を中心にまだまだ使えるものをリーズナブルな価格で提供することでサーキュラー社会に向けた事業を展開。販売だけでなく、オフィスのコーディネートやコンサルティングまで手掛ける。リユース総合商社の世界戦略を描く

応援メッセージ

テクノロジーにて、必ずやSDGsの2030年目標に大きく近づけてくれるのが、貴協会だと信じております。サーキュラーエコノミーにもインパクトを期待しております。

 

 

和田 雄二 様

国立大学法人 東京工業大学
物質理工学院長
教授 工学博士
日本学術振興会電磁波励起反応場第188委員会委員長
日本電磁波エネルギー応用学会顧問

 

 

 

東京工業大学工学部化学工学科卒業。
1982年、同大学大学院博士後期課程修了後、ドイツマックスプランク協会フリッツハーバー研究所客員研究員、アメリカ合衆国南イリノイ大学博士研究員、東京工業大学助手、
大阪大学講師・同大学助教授、岡山大学教授を経て、2007年から現職。

2016年に物質理工学院長に就任。

専門はマイクロ波化学、触媒、ナノ材料、光機能。
マイクロ波を用いた新しい化学反応制御による、エネルギー削減、装置の小型化など、産業の進歩に貢献する新しい技術開発と社会実装に挑む。

応援メッセージ

化学産業における製造プロセスの原理は、20世紀半ばに原型ができあがりました。これを、21世紀が必要とする省エネ、二酸化炭素フリー、省スペース型に作り変えるために、マイクロ波技術を利用したいと考えています。SDG9「産業と技術革新の基盤を作ろう」の実現です。

 

鈴木 博之様 様

株式会社国際電気通信基礎技術研究所(ATR) 代表取締役専務

 

 

 

1986年 東京大学大学院理学系研究科博士課程修了(理学博士)。 同年、日本電信電話株式会社(NTT)に入社、研究所に配属。有機物質、酸化物結晶、化合物半導体を用いた基礎・応用・実用化研究等に従事。その間、独・バイロイト大学物理学研究所招聘研究員(1991、1996年)、訪問研究員(1992-1993年)。

2007年より、ATRにおいて、ATRの経営全般、ATRグループの経営戦略ならびに「けいはんなATRファンド」等を用いた研究成果の事業化を統括・推進。

その他、JST「けいはんなリサーチコンプレックス」戦略ディレクタ・イノベーションハブ推進リーダ、 一般社団法人有機エレクトロニクス材料研究会理事長、一般社団法人日本砂栽培協会理事 等を務める。

応援の一言

社会的課題の解決には、様々な壁を超えることが重要だ。組織の壁を越えた若手技術者の集まりである未来技術推進協会には、テクノロジーをベースとしながらも文化的、社会的な壁をも超える取り組みを目指して欲しい。

協賛企業