SDGs × XR/AI アイデアソン#3 ~ テクノロジーによるモノづくりの新しいカタチ~ 開催レポート

SDGs

SDGs × XR/AI アイデアソン#3 ~ テクノロジーによるモノづくりの新しいカタチ~ 開催レポート

2018年10月10日(水)に「SDGs × XR/AI アイデアソン#3 ~ テクノロジーによるモノづくりの新しいカタチ~ 」が開催されました。
終了までの一連の流れをまとめたので、改めて開催レポートとしてここに報告いたします。

■目次

  • 会場
  • オリエンテーション
  • 未来技術インプット
  • ファクトリエ山田様ご講演
  • アイデアソン開始
  • 成果発表&受賞
  • まとめ

■会場

今回の会場は、朝日新聞社様にご提供いただきました。会場は明治通りに面したビルの4階で、ビットバレー・渋谷とサブカルチャー発信地・原宿の中間に位置しています。素敵な会場を利用させて頂き、ありがとうございます。

■オリエンテーション

本イベントでは、SDGs の1つである目標12「つくる責任 つかう責任」をテーマに、課題の解決を目指したアイデアソンを行いました。
イベント詳細はこちらです

参加者の年代は20代から60代と幅広く、エンジニアを中心とした各分野から計34名が参加されていました。
ファシリテーターの原田氏から、未来技術推進協会とアイデアソンについての説明がありました。

■未来技術インプット

AIの専門家でもある大澤氏から、AI・XR(VRとAR)・デジタル取引(Fintech)の説明がありました。

実例も多く紹介されました。AIの活用事例として、自動運転は聞いたことがありましたが、自動デザインツール(AIが自動でイラストに色を塗るというもの)など幅広い分野で応用されていることは初耳でした。参加者の皆さんも興味深そうに聞き入っていました。

■ファクトリエ山田様ご講演

ファクトリエ代表の山田様より、1時間程度ご講演頂きました。
参加型で終始笑いの絶えないあっという間の講演でした。

同社は『クラフトマンシップの伝え手になる』というビジョンのもと、服選びの基準にファッション性・経済性に加えて「誰が作っているか?」の第三の軸を作ることにチャレンジされています。
これまで業界ではタブーとされていた、工場の情報をオープンにしたり、「工場希望価格」という新しい考え方を取り入れたりと、最高の商品を創るために代表の山田様自身が全国を奔走されている姿はとても印象的でした。

同社はファン作りにも注力されており、その中で大事にしていることをシェア頂きました。
山田様からの「心から熱狂できるものはありますか?」という問いかけに対して、
参加者の方から「シャオミのスマートフォン」や「上川大雪酒造」を紹介頂きました。

参加者の方が熱狂しているものについて話すときは、とても確信を持って話されていました。
ただ、実際に世に出回ってるものの中でこういった熱狂できる様なものは少ないのが現状の様です。
ファクトリエでは付加価値の創造を通じて『熱狂』を創り出し、まさに「あなたから買いたい!」となる様なブランド創りを目指しています。

また、日本に供給される洋服の半分以上が未使用で捨てられている現状などについてもお話いただき、洋服との向き合い方について大いに考えさせられる内容でした。

これは、昨今の大量生産・大量消費のスタイルを象徴している事実と言えますが、今の生活を続けている限り、あと150~200年で人間は地球上には住めなくなるとのことでした。さらに衝撃的なことに、この事は海外ではよく知られている一方、日本人のほとんどは知らないそうです。
1つの服を長く大切に使う等、個人で出来ることはたくさんあるはずです。
SDGsの目指している持続可能な社会を実現する必要性を痛感する時間となりました。

■アイデアソン開始

今回はSDGs目標12と山田様の講演を受け、
「アパレル業界で、一生使い続けられるモノづくりをする方法」
「アパレル業界の大量生産・大量消費に変わるモノづくりのカタチ」
という2つのテーマを設定し、AIやXR等の未来技術を使って解決を試みました。

皆さん、限られた時間の中で真剣にアイデアを絞り出しています。

■成果発表&受賞

皆さんのアイデアを、アイデアスケッチ(A4用紙にアイデアをテーマ・説明文・図などで表現したもの)にまとめ、成果物を発表しました。

わずか十数分で形にしたとは思えないクオリティのものばかりです!

皆さんのアイデアスケッチの中から投票を行い、票数第一位の方と、ファクトリエ賞、未来技術賞を受賞のお二方に発表して頂きました。

<票数第1位>
放送作家等をされてるまつむらさんの『旅するオフル』が栄えある第1位を受賞しました!
自分が着ていた洋服を世界中の人が着てくれるなんて、素敵ですね♪

<未来技術賞>
SEのお仕事をされているたなべさんの『Re:ジェネレーション』が未来技術賞を受賞しました!時代によって変わる流行りをAIが予想するという発想には脱帽ですッ!!

<ファクトリエ賞>
自動車部品メーカーのAI研究部にお勤めのりーさんの『あなたから買ってよかった!安心する』がファクトリエ賞を受賞しました。
中価格〜高価格の値段のする服を、ブロックチェーンでステータス化するという、極めて斬新なアイデアです!
こういったアイデアが出てくるのも多種多様な方々が参加するアイデアソンならではですね♪

各賞が授与された後に、ファクトリエ小林様から、今回のアイデアソン全体に対する総評を頂きました。

これからの時代は「お金を払う=支持する」と言われており、普段のお金の使い方も含めて自身の行動を振り返るきっかけにして頂ければとのことでした。私自身、何気なくお金を使っている日常を振り返りハッとしましたし、参加者の皆さまにとっても良いきっかけになったのではないかと思います。

■まとめ

「SDGs × XR/AI アイデアソン#3 ~ テクノロジーによるモノづくりの新しいカタチ~」が無事終了しました。
「講演もアイデアソンも両方楽しめました。次回もまた是非!」という声も多く上がっていました。来月もアイデアソンを企画する予定なので、乞うご期待!
参加していただいた皆さん、ご協力いただいた皆さん、
本当にありがとうございました!

【開催概要】
日程:10/10(水)19:00-22:00
会場:朝日新聞社メディアラボ 渋谷分室
東京都 渋谷区神宮前 6-19-21 ホルツ細川ビル4F
http://www.asahi.com/shimbun/medialab/shibuya.html
 
【主催団体について】
ライフスタイルアクセント株式会社
代表者:代表取締役社長 山田敏夫
本社:熊本県熊本市中央区手取本町4-7
URL:https://factelier.com/
事業内容:メイドインジャパンの工場直結ファッションブランド「Factelier(ファクトリエ)」の開発および運営

株式会社朝日新聞社
代表者:代表取締役社長 渡辺雅隆
本社:東京都中央区築地 5-3-2
URL:https://www.asahi.com
事業内容:日刊新聞の発行ほか

一般社団法人 未来技術推進協会
代表理事:草場壽一
所在地:東京都港区港南2-4-9 港南ビル
URL:https://future-tech-association.org
活動内容:講演会やアイデアソン等の交流イベントの開催。最新技術、SDGs関連の情報発信活動。

【お問い合わせ先】
一般社団法人 未来技術推進協会
E-mail:info@future-tech-association.org