【開催報告】参加募集開始から1週間で満席!注目のブロックチェーンを基礎知識から学べる体験講座を未来技術推進協会主催で実施

プレスリリース

【開催報告】参加募集開始から1週間で満席!注目のブロックチェーンを基礎知識から学べる体験講座を未来技術推進協会主催で実施

ブロックチェーンは、仮想通貨や国際送金のようなFinTech分野での活用事例をはじめ、様々な業種・業態への応用が期待されている技術です。
2018年7月23日(月)に開催した一般社団法人 未来技術推進協会主催の「ブロックチェーン開発 体験講座(基礎編)」では、このブロックチェーンを活用したアプリケーション開発の基礎を、講義とハンズオンの両面から体感していただきました。


本講座は、参加者の募集を開始してから1週間で満席となる盛況ぶりで、ブロックチェーンへの注目度の高さを感じる結果となりました。
また、講師はブロックチェーン関連のサービス企画、開発、情報共有を担当している協会スタッフが務めました。

前半の講義パートでは、ブロックチェーンの基礎知識、活用事例(ユースケース)、最近のブロックチェーン技術のトレンドなどを紹介しました。
自社のビジネスへのブロックチェーン適用を検討されている方や、ブロックチェーンを活用できそうなアプリのアイデアをお持ちの方も講座に参加いただいており、活用事例紹介の時間には参加者から多数の質問を頂戴しました。質疑応答では、講師と参加者の両者がお互いに議論を交わす有意義な時間となりました。
後半のハンズオンパートでは、Ethereum(イーサリアム)というブロックチェーンの一種を活用して各参加者のPC上で自分専用のブロックチェーンを作り、アカウント間の送金処理や簡単なスマートコントラクト(※)の実装を体感していただきました。

※スマートコントラクト:
何らかの契約に伴って自動的に実行される処理を、ブロックチェーン上にプログラミングできる仕組み。Ethereumなどのブロックチェーンにおける特徴的な機能の一つ。

私たち未来技術推進協会は、アイデアソン・ハッカソン・講演会等のイベントを通じて、大学や企業の架け橋となり技術的な面から日本の社会課題解決に貢献していきます。
また、今回の講座が募集開始からすぐに満員となった盛況ぶりを受けて、8月以降もブロックチェーンなどの技術分野をテーマにした講座の開催を予定しております。
【開催概要】
日時:7月23日(月)19:00~22:00
会場:ブルックリン会議室(秋葉原)
〒110-0016 東京都台東区台東1-29-4第一共和ビル501号室
参加費:5,000円