【開催報告】未来技術推進協会主催「SDGs Meetup Vol.10」で協会オリジナルのSDGsボードゲームを体験!自社の活動のヒントになった、実践に生かせると多くの方から大反響!

プレスリリース

【開催報告】未来技術推進協会主催「SDGs Meetup Vol.10」で協会オリジナルのSDGsボードゲームを体験!自社の活動のヒントになった、実践に生かせると多くの方から大反響!

7月18日に未来技術推進協会が主催した第10回SDGs説明会「SDGs Meetup Vol.10」に、11名の方が参加しました。協会講師よりSDGs誕生の背景や課題、ESG投資について具体例を交えて説明した後、協会オリジナルのSDGsボードゲームを全員でプレイし、SDGs達成に向けてのアプローチを学びました。平日夜の開催ながら多くの方にご参加いただき、実りあるイベントとなりました。


2018年7月18日(水)に、世界各国におけるSDGs(Sustainable Development Goals; 持続可能な開発目標)の達成状況・課題、各企業の実際の取り組みを学べる、第10回SDGs説明会「SDGs Meetup Vol.10」を開催しました。まず協会講師よりSDGsの説明を20分程度行い、後半の約80分で、協会が独自に開発したボードゲームを参加者全員でプレイしました。

冒頭のSDGsの説明では、「SDGs誕生の背景、世界での取り組み・日本における認知度や達成状況」「SDGsの掲げる17目標をすべて達成する事の重要性」「ESG投資についての具体例」を伝え、その後にプレイするボードゲームが「SDGsの17目標を同時に達成するための取り組み方」等を学べる仕様になっていることを話しました。

次に、SDGsボードゲームを参加者全員でプレイしました。本ボードゲームでは、プレーヤーは「大企業」や「慈善団体」等の異なる団体としてプレイします。
17目標を全て達成するためには、様々な施策を行う必要があります。参加者の方々は、最初は手探りに施策を行っていましたが、徐々に慣れていき、どのように達成するか全員がアドバイスをし合うようになりました。その結果、積極的な協業が生まれ、多くの目標を達成していました。

ゲーム終了後は、社会課題を解決するために、実際に自分達に何ができるか、どのように企業間で協力していく必要があるか、参加者同士で活発な議論をしました。
また今回も様々な企業や幅広い年齢の方にご参加いただき、具体的な事例が知れてよかった、学生時代に学んだことが生かせることがわかった、自社の活動のヒントになった、同業の企業も競うだけではなく協力をする必要がある、などたくさんのご感想をいただきました。

私たち未来技術推進協会は、Meetup等の交流イベントを通じ、大学や企業の架け橋となり日本のSDGs推進に貢献していきます。
日時:7月18日(水) 19:00~21:00
会場:LIFORK大手町
東京都千代田区大手町1-5-1 大手町ファーストスクエアWEST 1F
参加費:3,000円