【開催報告】未来技術推進協会主催「SDGs Meetup Vol.6」で協会オリジナルのSDGsボードゲームが大反響!

プレスリリース

【開催報告】未来技術推進協会主催「SDGs Meetup Vol.6」で協会オリジナルのSDGsボードゲームが大反響!


【開催報告】未来技術推進協会主催「SDGs Meetup Vol.6」で協会オリジナルのSDGsボードゲームが大反響!遊びながらSDGs貢献について学べることに絶賛の声!


5月16日に開催した未来技術推進協会主催(代表:草場壽一)の第6回SDGs説明会「SDGs Meetup Vol.6」に15名の方にご参加頂きました。目標4をテーマにSDGsについて説明後、協会オリジナルボードゲームをプレイし、和気藹々としながら真剣にSDGsへの貢献について考えました。社内研修に使いたいという声が挙がるなど、ゲームへの反響が非常に高く有意義な時間となりました。


2018年5月16日(水)に、SDGsの世界の現状や日本の課題、各企業の取り組みを学べる、第6回SDGs説明会「SDGs Meetup Vol.6」を開催しました。今回は二部構成となっており、第一部では協会講師によりSDGsの説明を行い、第二部では協会が独自に開発したボードゲームを参加者にプレイして頂きました。

第一部では、まず、SDGsの誕生の背景や世界・日本の課題について話した後、全17目標のうち目標4「質の高い教育をみんなに」に絞り、日本の達成状況や課題、各企業での具体的な取組みについて説明しました。
日本の教育制度は世界的にも評価が高いですが、経済的格差による大学への進学問題やIT人材の不足等の課題も多く、より良い教育を作るための活動についてご説明頂きました。SDGsの17の目標を知っている人も、各目標が示す課題や各社の取り組みについては知らないことも多いらしく、みな集中して聞き入っていました。

第二部では、オリジナルSDGsボードゲームを参加者全員でプレイしました。本ボードゲームでは、プレーヤーはそれぞれ異なる団体となり、自分の団体を経営しながらみんなで協力してSDGsの17目標を達成していく必要があるため、誰もが真剣にかつ盛り上がりながらプレイしていました。

初対面の参加者同士が協力し共に目標達成を目指す体験は、それぞれがSDGsに貢献できることやその価値、協力することの大切さ等、SDGs推進に向けた多くのことに気づくきっかけになったのではないでしょうか。ご参加頂いた皆様からは、「実際に体感したことで感覚・理屈の両面で学ぶことができた。」「達成に向けてどう取り組むか、具体的なイメージがついた。」等の感想が寄せられ、大変有意義な時間となりました。

私たち未来技術推進協会は、Meetup等の交流イベントを通じ、大学や企業の架け橋となり日本のSDGs推進に貢献していきます。

【開催概要】
日時:5月16日(水) 14:00~17:00
会場:DEJIMA
東京都品川区東五反田2-10-2 東五反田スクエア13階
参加費:3000円
申し込みURL:https://future-tech-association.org/event/sdgs-meetup_vol06/