自動車技術から考える未来都市、未来技術推進協会主催のアイデアソン

プレスリリース

自動車技術から考える未来都市、未来技術推進協会主催のアイデアソン

約20名が参加した未来社会のためのアイデア創出の場!

2018年4月19日に、未来技術推進協会は芝浦工業大学の伊東教授をお招きして第5回アイデアソンを開催しました。テーマは「未来の自動車技術×SDGs」。「100年に1度」といわれる変革期を迎える自動車技術を用いてSDGsの目標をどのように解決するか、約20名の参加者が熱く議論を交わし合いました。思わす笑ってしまうようなアイデアや、唸らせられるような多種多様なアイデアが生まれ、盛況を収めました。


2018年4月19日に、未来技術推進協会は芝浦工業大学の伊東教授をお招きして第5回アイデアソンを開催しました。テーマは「未来の自動車技術×SDGs」。「100年に1度」といわれる変革期を迎える自動車技術を用いてSDGsの目標をどのように解決するか、約20名の参加者が熱く議論を交わし合いました。思わす笑ってしまうようなアイデアや、唸らせられるような多種多様なアイデアが生まれ、盛況を収めました。


日本の先進技術を世に浸透し、技術革新に貢献を目的としている未来技術推進協会(本社:東京都港区、代表:草場壽一)が、2018年4月19日(木)に開催した「未来の自動車技術から考える未来都市アイデアソン~Social × CarTech IDEATHON」について報告します。

株式会社POINT EDGEが運営するPOINT EDGE SHIBUYA BASEをお借りして、アイデアソンを開催しました。
約20名の業種も世代も異なる参加者の方々が参加し、時には熱く、時には笑いを交えながらSDGsが掲げる目標を達成するためのアイデアを出し合いました。

イベントの前半では、未来技術推進協会の講師により、SDGsの概要と目標11「住み続けられるまちづくりを」の詳細、目標達成に向けての課題を説明しました。
その後、未来の自動車技術について芝浦工業大学の伊東教授よりご講演頂きました。内容は「100年に1度」といわれる変革期のキーワードである「CASE」(Connected(接続性)の「C」、Autonomous(自動運転)の「A」、Shared & Services(共有)の「S」、Electric(電動化)の「E」)のそれぞれの技術と開発状況についてです。自動車産業の展望、開発におけるリアルな課題を聴くことができ、自動車技術とAI・ビックデータ・ドローンなど未来技術の融合をイメージできる時間となりました。

後半では、SDGsの目標11の課題を解決するためのアイデアを出すためのグループワークを行いました。
最初はどうやったら課題を解決できるのかアイデアを出すのに苦戦した方もいたようですが、ワークを通してアイデアを出すコツを掴み、熱い議論を重ねながらブラッシュアップしていました。
中には思わず笑ってしまうものや、はっとさせられるようなものなど、ユニークなアイデアや伊東教授も目を見張るようなアイデアも出ていました。
最後に参加者全員で投票を行い、得票数上位3名にアイデアを発表して頂きました。自動運転を農業に生かすアイデア、車を家と見立てたアイデアや1人乗自動車の活用による地方創生など、非常に斬新なアイデアを聞くことができ、参加者の方々や協会員も驚いていました。
また、今回テーマにした以外の目標にもアプローチできるアイデアも多数生まれ、改めてSDGsへの理解が深まったり、様々な方との交流を通じで未来への可能性を感じたりする機会となり、大変好評でした。 .

私たち未来技術推進協会は、日本の未来を担う研究を世に発信することと、大学や企業が繋がるコミュニティーを創ることで課題解決や技術革新への貢献を目指しています。今後も、講演会やアイデアソンといったイベントを開催し、大学や企業の架け橋となっていきます。

【開催概要】
日時:2018年4月19日(木) 19:00~22:00
場所:POINT EDGE SHIBUYA BASE(http://www.pointedge.work/shibuya/
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-22-6 10F
定員:30名
主催:一般社団法人 未来技術推進協会
参加費:1,000円