講演会:拡張現実感(AR)の現状と今後の展開

講演会:拡張現実感(AR)の現状と今後の展開

いつ:
2018/09/14 @ 7:00 pm – 10:00 pm
2018-09-14T19:00:00+00:00
2018-09-14T22:00:00+00:00
どこで:
株式会社アカツキ
東京都品川区上大崎2-13-30 oak meguro 8階

第10回となります未来技術推進協会主催の講演会のお知らせです。
今回は拡張現実感(AR)研究の最先端を走る奈良先端科学技術大学院大学の加藤博一教授をお迎えし、AR技術の現状と展望をたっぷりお話頂きます!
専門の知識をお持ちの方もそうでない方も奮ってご参加ください。

講演概要

拡張現実感(AR)のコンセプトが提唱されてから約四半世紀がたった。
情報技術の発展と共に、進化してきた拡張現実感技術は、スマートフォンアプリとして実用化されている一方で、
その理想型の完成には、まだ多くの技術開発が必要とされている。
本講演では、拡張現実感技術の現状について説明した後、今後の技術開発について展望する。
1.拡張現実感(AR)とはどんな技術か。
2.どのような研究が行われ、何ができるようになったか。
3.残されている課題は何か。
4.今後、どのように発展していくのか。

講師

奈良先端科学技術大学院大学 先端科学技術研究科
加藤 博一教授

1988年 大阪大学大学院基礎工学研究科修士課程修了。博士(工学)。
1989年 大阪大学工学部 助手
1996年 大阪大学工学部 講師
1998年 ワシントン大学ヒューマン・インターフェイス・テクノロジー・ラボラトリー(HIT Lab) 客員研究員
1999年 広島市立大学情報学部 助教授
2003年 大阪大学大学院工学研究科 助教授
2007年 奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 教授

AR(拡張現実)技術の先駆者的存在。OSS(オープンソースソフト)のAR開発ツール「ARToolKit」を開発。
2009年にIEEE VGTCからバーチャルリアリティテクニカルアチーブメントアワードを受賞
2012年に第11回IEEE混合シンポジウム(Mixing and Augmented Reality)でラスティングインパクトアワードを受賞

開催日

9月14日(金)

タイムスケジュール

18:50〜 受付開始
19:10〜 オープニング
19:20~ 講演
20:30~ 質問会・アンケート回答
20:45〜 懇親会(希望者のみ)
21:30 閉会
※スケジュールは告知なく変更の可能性があります。

会場

株式会社 アカツキ
東京都品川区上大崎2-13-30 oak meguro 8階
・アクセス
JR目黒駅より徒歩3分、地下鉄・東急線目黒駅より4分

参加費

・一般:3,000円
・学生:1000円
※当日現金払い
※懇親会に参加される場合は別途1000円

お問い合わせ

一般社団法人 未来技術推進協会
岸谷
TEL 090-7284-1509
メールアドレス y-kishitani@future-tech-association.org