【オフィスバスターズ×朝日新聞社共催】サーキュラーエコノミー × 未来技術 アイデアソン#2 ~テクノロジーで循環型社会を実現しよう!

【オフィスバスターズ×朝日新聞社共催】サーキュラーエコノミー × 未来技術 アイデアソン#2 ~テクノロジーで循環型社会を実現しよう!

いつ:
2018/09/13 @ 7:00 pm – 10:00 pm
2018-09-13T19:00:00+00:00
2018-09-13T22:00:00+00:00
どこで:
オフィスバスターズ本社会議室
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町1-5-3 三越前福島ビル2F

イベント内容

未来技術推進協会は朝日新聞社と、第2回アイデアソンを開催します。
今回はオフィスバスターズ様ともコラボレーションいたします。

今回のテーマは、世の中の損失や廃棄を最小化し、価値が経済の中で循環するような「循環型社会(サーキュラー社会)」を、ブロックチェーン、IoTを用いて実現していく方法を考えていきます。
ゲストとして、オフィス製品の販売を中心にオフィスコーディネートを手掛ける、株式会社オフィスバスターズの会長天野様よりサーキュラー社会の可能性に関してお話し頂きます。

人材・製品・部品・資源を最大限に活用し、それらの価値を目減りさせずに永続的に再生・再利用し続けるサーキュラー社会。その実現のための新しいビジネスモデルや技術革新を一緒に考えていきませんか?
多彩なバックグラウンドを持つ参加者の皆さまと、新たなアイデアを自由に創出できる会にできればと思っていますので、社会問題や最新技術に興味のある方など是非お気軽にご参加ください!

・サーキュラー社会とは??
製品や資源を最大限に再活用し、永続的に再生し続ける経済環境を指す概念です。アクセンチュアの調査によると、このサーキュラー社会によって2030年を目途に4.5兆ドルの利益が生み出されることが明らかになっています。多大な利益が眠っているわけですが、この社会の実現には、使い捨て思考から脱却する新しいビジネスモデルの構築とデジタルに代表される革新的技術が必要といえます。

まずは、現在の大量生産大量消費モデルを放棄する理由とサーキュラー社会のビジネスモデルがもたらすメリットを、企業のコアテクノロジーや能力の視点から見極めて、明確に理解していくことといえます。
書籍:『サーキュラー・エコノミー ~デジタル時代の成長戦略~』

講師 天野 太郎 様(オフィスバスターズ 代表取締役会長)

名古屋大学経済学部卒。総合商社丸紅にて事務機器販売を担当し、2002年6月株式会社アトライを創業。アトライにて中古事務機の輸出事業を営む一方、株式会社オフィスバスターズを設立し代表取締役に就任。2018年1月代表取締役会長に就任。
オフィス製品を中心にまだまだ使えるものをリーズナブルな価格で提供することでサーキュラー社会に向けた事業を展開。販売だけでなく、オフィスのコーディネートやコンサルティングまで手掛ける。リユース総合商社の世界戦略を描く。

参加対象

・社会問題、サーキュラー社会に興味がある方
・最新技術に興味のある方
・普段の会社、業界以外の方と繋がりが欲しい方
※ 欠席される場合は、お手数ですが速やかにキャンセル処理をお願い致します。

参加費

※ 受付にて【お名刺1枚】を頂戴しますので、ご持参ください。

【一般枠】
当日現金払い ¥1,000
※未来技術推進協会の個人会員になっていただくと無料で参加できます!
(有料個人会員登録で講演会・アイデアソンが1年間全て無料、無料会員は初回無料)

【ブログ執筆枠(2名)】
無料
当イベントのブログ執筆と拡散をお願いします!